2012年01月27日

27日に美浦トレセンへ帰厩

1/27 萩原厩舎
27日に美浦トレセンへ帰厩しました。

1/24 NF天栄
周回コースでキャンター調整を行い、週1回は坂路で15−15を行っています。「しぼんだ体を回復させつつの調整を行っていますが、いくらかいいかなと思えるような状態に見えてきましたので、先週の土曜日に坂路へ入れて15−15程度の調教を行ったところです。今のところその後も変わりないですし、この調子で進めていきたいと思います。まだはっきりと決まったわけではありませんが、そう遠くないタイミングで帰厩の話もできるようになると思いますので、移動も考えながら調整を行っていきます」(天栄担当者)

1/17 NF天栄
周回コースでハロン18秒のキャンター調整を行っています。「体がやや寂しいかなというくらいで他に大きな傷みは見られませんでしたから、この中間より乗り出しています。コースでじっくり乗る内容ですが、いい意味で変わりないですし、このまま進めていければと思っています。体は入場時よりいくらか増えていて540キロほどありますね。順調ならば数週間のうちに再度送り出せればという気持ちでいますよ」(天栄担当者)

1/10 NF天栄
ウォーキングマシン調整を行っています。「レース翌日にこちらに帰ってきました。勝って戻ってきてくれましたし、うれしい限りです。まだ日が浅いためにレース後の状態の見極め期間として設けていますが、体が若干萎んでいるかなという状態ですね。こちらでは体を回復させて体調を維持するように乗っていくだけになるでしょうし、可能ならばそれほど長いお休みにしないで再度トレセンへ戻してあげたいですね」(天栄担当者)


早くも名物きたー。

posted by ぴ〜たん at 23:15| Comment(0) | トランスワープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

27日にNF天栄へリフレッシュ放牧

d9db703b201212682629ec1915f3a9e.jpg

1/27 NF天栄
27日にNF天栄へリフレッシュ放牧に出ました。

1/26 萩原厩舎
26日は軽めの調整を行いました。「さすがに相手は強かったけど、ランフォルセも頑張ったね。いや〜、あの落ち着き方にビックリしたけれど、ゲートからはやっぱり一緒だった(笑)。スマートファルコンも実はゲートの中で変な格好をするときがあるから万が一があればハナを切ることも考えていたくらいだったんだけれどね。ポコッと出る形になったけれど、スマートファルコンとフリオーソが普通に出れば行くのはわかっていたからゆっくりのスタートになった後も心配せずに出していけました。あれが、誰が行くかわからない状況だとできないんですよね。スローにでもなったら引っ張らなければいけなくなるからね。フリオーソが寄ってきたときにちょっとハラハラしたけれど、上手く立ち回ってくれました。精神面の強化が何よりの課題になるのは間違いないし、いろんなところで競馬を経験させてあげたいというのが素直な気持ち。小回りがいいということでもないんだけれど、スタートのことだったり、この馬のリズムをよくしながら走れるようなレース条件が揃っている方がよりいいでしょうね。可能な限り都合をつけて乗りに行くつもりでいますよ」(横山典騎手)「昨日のレース後から今朝にかけての様子を見る限りでは球節の状態に変化はありませんね。南部杯を使ったときに比べれば状態はいいように感じます。まだ様子を見ている段階ではありますが、このあとについては検討中です。ただ、ジョッキーが言うように東京のマイルだとちょっと苦しい部分もあるのかもしれない。単にレース条件がというだけでなく、前走の東京でガクッと体が減ってしまったことを考えるとレースへ向かう過程で精神状態を保ちにくい部分があるのかもしれませんからね。メンバー的には悲観的になることはないのかもしれませんが、より持ち味を出しやすくて、経験も養っていこうとなれば3月に組まれている名古屋の交流戦やマーチステークスあたりがいいのかなという気もしています。念のために佐賀記念に登録しておいたのは、まったく競馬にならなかったときや万が一使えなかったときなどを想定して行っておいたもので、あれだけの競馬をしたあとに中1週の間隔で九州まで連れて行くのは酷だと思いますので、佐賀記念についてはパスしたいと思います。いずれにせよリフレッシュとケアを行うためにひと息入れて状況を見ながら次走について考えています」(萩原師)27日にNF天栄へリフレッシュ放牧に出し、登録していた2月8日の佐賀競馬(佐賀記念・ダ2000m)は見送ります。


負担のかかる不良ダートのレコード決着だったので
レース後の状態が心配だったけど異常なし
次は名古屋の交流戦かマーチステークス目標も未定


今回の勝利で賞金2億円突破
シンボリクリスエス産駒ではストロングリターンを抜いて歴代5位に浮上
キャロ馬ではアヴェンチュラ・リアルインパクト・ポジーを抜いて9位へ。
posted by ぴ〜たん at 23:03| Comment(0) | ランフォルセ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

GT2着

11R 川崎記念[指定交流]
ダ2100m / 天気:晴 / 馬場:不良 / 発走:16:10
.12回川崎3日目 4歳上 12頭
本賞金:6000、2100、1200、600、300万円

1 5 5 スマートファルコン 牡7 57.0 武豊 2.10.7 1 1.1 (栗東)小崎憲 506( -7 )
2 1 1 ランフォルセ 牡6 57.0 横山典弘 2.11.5 4 5 18.3 (美浦)萩原清 498( +20 )
3 4 4 フリオーソ 牡8 57.0 戸崎圭太 2.12.3 4 2 7.8 (船橋)川島正行 508( 0 )
4 5 6 マイネルアワグラス 牡8 57.0 柴田大知 2.12.4 クビ 7 182 (美浦)稲葉隆一 524( +1 )
5 2 2 ニホンピロアワーズ 牡5 57.0 酒井学 2.12.4 アタマ 3 9.7 (栗東)大橋勇樹 520( -7 )
6 3 3 ボランタス 牡8 57.0 山崎誠士 2.12.6 3/4 6 39.0 (川崎)山崎尋美 540( +6 )
7 7 10 キングスエンブレム 牡7 57.0 岩田康誠 2.13.9 6 4 10.6 (栗東)石坂正 467( +1 )
8 8 11 タンゴノセック 牡8 57.0 赤岡修次 2.14.8 4 8 318 (高知)田中守 478( -12 )
9 6 8 グランドバイオ 牡8 57.0 繁田健一 2.15.5 3 9 371 (川崎)山崎尋美 504( +3 )
10 7 9 ベルモントサーガ 牡6 57.0 坂井英光 2.16.0 2.1/2 12 482 (川崎)池田孝 520( -1 )
11 8 12 グランシュヴァリエ 牡7 57.0 本橋孝太 2.16.0 クビ 11 474 (高知)雑賀正光 492( +1 )
12 6 7 ロードキャニオン セ8 57.0 服部茂史 2.16.2 3/4 10 396 (大井)堀千亜樹 473( 0 )




1/25 萩原厩舎
25日の川崎競馬ではスタートでやや後手を踏むもじわっと前につけて好位を追走。ペースが上がったときもほぼ馬なりで進出し、直線で前に迫ろうとするが2着まで。「いつもはカリカリしていてうるさいくらいの馬なのに、今日は馬場入りしてからも大人しすぎるくらい大人しく、ゲート裏でも落ち着いていました。この馬のこれまでのことを考えると“ヨシヨシ、いいぞ”と思っていたのですが、ゲートに入っていざスタートというときにバタバタっとなってしまいました。道中の感触は良かったのですが、相手も強いし、仕方ありませんね。ただ、少しずつ成長しているのは間違いないです。コントロールが難しい馬なので乗り手としてはワンターンの1600mと言いたくなるところだけど、この馬がよりいい走りをして、よりいい結果を出せるのは1600mじゃなくてもう少し長めの距離じゃないかな。これからも精神面の課題があるのは確かですが、いろんな競馬場で走っていろんな経験をしていったらいいと思います。そうやって成長していくものですからね。これからが楽しみです」(横山典騎手)「いつもは輸送と環境が変わることで馬体重が落ちてしまっていたのですが、今回はほとんど減りませんでした。それを想定して体を作っていたのもあったのでプラス20キロはちょっと太めだったですかね。競馬場についてからも、装鞍所でも下見所でもこの馬にしてはおっとりしすぎているくらいスイッチが入っていなかったのでちょっと不安になったくらい。喜んでいいのか悪いのか何とも言えなくて、レース前は自信を持って“いい状態ですよ”と言い切れなかったんだけれど(苦笑)、結果的にはこの馬なりに成長を見せているということなのでしょう。スマートファルコン相手でももちろん勝つ気で今日川崎に来ましたから2着だったのは悔しいですが、進展があったのは確かですし、今後につなげないといけませんね。ただ、ゲートで遅れたようにまだ課題を克服し切れていないのも事実。今後も球節の状態は元より、精神面のコントロールの難しさのあるこの馬を今後も上手く仕上げていけるようにしたいですね」(萩原師)大幅なプラス体重だったのは競馬場についてからの様子がこれまでと大きく異なり、馬が冷静でいれたことによるものでした。腹回りなどを見るとほんの少し余裕は感じましたが、落ち着いてパドックを周回していて雰囲気はとても良かったように思えました。勝ち馬はさすがに強かったですが、勝負どころから直線へ向いたときは夢を見せてくれました。それでも2着に食い込んだあたりに成長を感じさせますし、これからが非常に楽しみなのは間違いないでしょう。硬い馬場を走ったあとでもありますし、まずはしっかりと脚元の状態を見ていきます。今後については状態を見てから判断していくことになりますが、条件等も考慮しながらこの馬によりいいと思われるレース選択をしていければと考えています。


DSC_0038.JPG
前々日の雪が残り馬場は不良
戦前の心配材料であった重たい川崎競馬の馬場を考えると超大歓迎材料

DSC_0064.JPG
馬体重+20KG
前走は−10KGで出走
輸送競馬を克服したと思ったし
将来を考えても大歓迎の数字

DSC_0107.JPG
パドックもEXCELLENT
集中力抜群、終始気合の入った状態
騎乗周回はパドックが短く1番枠だったせいかお披露目して本馬場へ

DSC_0094.JPG
圧勝したスマートファルコン
馬は意外と平凡に見えたが

DSC_0119.JPG
レースは出遅れるも
二の脚抜群押して3番手へ
1週目の直線、抜群の行きっぷりでHペースの3番手キープ

DSC_0148.JPG
2週目3角手前で各馬スパート態勢
手応え疑うも十分ありそう
4角スパートで2番手にいたフリオーソを抜いていく

DSC_0162.JPG
スマートファルコンには及ばなかったが
3着以下には完勝のレコード決着の2着
直線追わなくても2着はあった好内容

もともと条件馬の時代からHペース歓迎
上がりのかかる時計勝負のレースが絶対に合うと思っていたけど初めて証明された
これまで3度Hペースで崩れたのはやはり使い込んでの調子落ちが原因だったことも証明された
とは言え、過去最高のパフォーマンス
いつもここは崩れたら後が苦しくなるレースで必ず好走
どんどん強くなるランフォルセ
G1GETが本当に見えてきた。

posted by ぴ〜たん at 00:02| Comment(0) | ランフォルセ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

1枠1番

1/22 萩原厩舎
25日の川崎競馬(川崎記念・ダ2100m)に横山典騎手で出走いたします。また、2月8日の佐賀競馬(佐賀記念・ダ2000m)に登録し選出されました。

1-1 ランフォルセ(牡6、美浦・横山典弘)
2-2 ニホンピロアワーズ(牡5、栗東・酒井学)
3-3 ボランタス(牡8、川崎・山崎誠士)
4-4 フリオーソ(牡8、船橋・戸崎圭太)
5-5 スマートファルコン(牡7、栗東・武豊)
5-6 マイネルアワグラス(牡8、美浦・柴田大知)
6-7 ロードキャニオン(セン8、大井・服部茂史)
6-8 グランドバイオ(牡8、川崎・繁田健一)
7-9 ベルモントサーガ(牡6、川崎・坂井英光)
7-10 キングスエンブレム(牡7、栗東・岩田康誠)
8-11 タンゴノセック(牡8、高知・赤岡修次)
8-12 グランシュヴァリエ(牡7、高知・本橋孝太)


1枠1番で出走確定
外から行かれると減速の可能性があるランフォルセ
出来れば先行確実のニホンピロ・ファルコンの外に入りたかったので
再内枠は痛い
前走は凡走かもしれない地方場所最強馬スマートファルコン
去年のフェブラリー負けて強しの内容フリオーソ
上り馬では最右翼の存在ニホンピロアワーズ
超良血で成長力のある血統馬キングスエンブレム
メンバー揃って再内枠
正直2週後の佐賀記念の方がいいし
今日の平安Sの方が良かった印象
しかし、これまで凡走後の休養明けは100%の連がらみ
本来の走りをしてファルコン下降説をとればこのメンバーでも勝ち負け出来る
悲願のG1GETを。

posted by ぴ〜たん at 23:43| Comment(0) | ランフォルセ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

25日の川崎競馬(川崎記念・ダ2100m)に横山典騎手で出走を予定

1/19 萩原厩舎
18日は美浦南Dコースで追い切りました(82秒4−66秒4−51秒7−38秒7−13秒5)。19日は軽めの調整を行いました。「今週の追い切りは水曜日にダートコースにて単走で行いました。動きはまずまずといったところですが、硬さが多少残るのは否めませんね。この時期だから致し方ないのですが、できるかぎりの調整をして少しでもいい状態で臨めるようにしっかり調整していきます。レースは来週の半ばになるのですが、週末は動かすもののそれほど強いのをやることは考えていません。あまりやりすぎて余計に硬くさせてしまっては意味がありませんからね。水曜日を実質本追い切りのつもりでやって、残りの1週間の期間で微調整を行って本番へ向かいます。強い相手がいますし、不安もあるなかなので強気には言えませんが、ここでどれだけやってくれるか楽しみにしています」(萩原師)25日の川崎競馬(川崎記念・ダ2100m)に横山典騎手で出走を予定しています。

1/18 萩原厩舎
3月31日(土)にメイダン競馬場(アラブ首長国連邦 ドバイ)で行われるドバイ国際競走(ドバイワールドカップ・オールウェザー2000m)に予備登録を行いました。なお、今回の予備登録料です。

1/12 萩原厩舎
11日は軽めの調整を行いました。12日は美浦南Dコースで追い切りました(69秒1−53秒2−39秒3−12秒8)。「慎重に様子を見つつ進めていますが、今のところ前回気になった球節の状態が悪くなるようなことはありませんね。もちろんしっかりケアを施しながら調整を進めていますが、このままいければと思っています。心配していた除外もなく、無事に選出されましたからね。昨日は全休明けだったこともありますし、じっくり動かすことにとどめておいて、今朝速いところを行いました。一番外のダートコースで2頭併せの追い切りを行ったのですが、5ハロン69秒くらいと大外を回ったことを考えても全体の時計はこんなものでいいのかなという感じですが、馬の動きはやや硬め。今の時期だからというのもあるのでしょうが、そのあたりがよりいい状態に持っていければと思っているところです」(萩原師)25日の川崎競馬(川崎記念・ダ2100m)に横山典騎手で出走を予定しています。


直前追いも順調に消化
このコメントでも他厩舎ならば絶好調
得意の休養明けで本来の行きっぷり走りが見られそう
勝ってドバイへ。

posted by ぴ〜たん at 00:29| Comment(0) | ランフォルセ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。