2012年05月06日

NHKマイルカップ(GI) 予想

東京2012年 2回 6日11R(5月 6日)
第17回 NHKマイルカップ(GI)
3歳オープン(国際)牡・牝(指定)
1600m 芝左 出走頭数:18頭 天候:晴 馬場状態 芝:良 発走時刻:15:40
1
1 メジャーアスリート 牡 3 498kg - 2kg 池添謙一 57.0kg 高木登 11 35.3
1
2 ネオヴァンクル 牡 3 502kg - 4kg 北村友一 57.0kg 音無秀孝 18 103.0
2 3 レオアクティブ 牡 3 446kg - 4kg 蛯名正義 57.0kg 杉浦宏昭 8 20.3
2 4 モンストール 牡 3 460kg 0kg 柴田善臣 57.0kg 尾関知人 9 20.8
3 5 カレンブラックヒル 牡 3 460kg - 6kg 秋山真一郎 57.0kg 平田修 1 3.8
3 6 シゲルスダチ 牡 3 416kg + 6kg 後藤浩輝 57.0kg 西園正都 16 58.8
4 7 ハナズゴール 牝 3 414kg 0kg 田辺裕信 55.0kg 加藤和宏 6 12.8
4 8 マウントシャスタ 牡 3 456kg 0kg 岩田康誠 57.0kg 池江泰寿 2 4.4
5 9 セイクレットレーヴ 牡 3 464kg - 4kg 横山典弘 57.0kg 田中清隆 7 17.2
5 10 ブライトライン 牡 3 502kg - 4kg 安藤勝己 57.0kg 鮫島一歩 5 12.6
6 11 マイネルロブスト 牡 3 482kg - 6kg 松岡正海 57.0kg 高橋裕 13 38.2
6 12 クラレント 牡 3 472kg - 4kg 小牧太 57.0kg 橋口弘次郎 15 49.3
7 13 オリービン 牡 3 456kg 0kg 川田将雅 57.0kg 橋口弘次郎 10 28.2
7 14 ジャスタウェイ 牡 3 474kg - 8kg 福永祐一 57.0kg 須貝尚介 4 8.4
7 15 サドンストーム 牡 3 460kg 0kg 勝浦正樹 57.0kg 西浦勝一 12 37.1
8 16 ガンジス 牡 3 502kg + 4kg 藤岡佑介 57.0kg 矢作芳人 14 38.4
8 17 アルフレード 牡 3 516kg - 2kg C.ウィリアムズ 57.0kg 手塚貴久 3 7.5
8 18 レオンビスティー 牡 3 490kg + 8kg 内田博幸 57.0kg 矢作芳人 17 63.6

◎マウントシャスタ   高レベル毎日杯2着
○ジャスタウェイ     堅実
▲ガンジス        この人気なら買い
△オリービン      この人気なら買い
△カレンブラックヒル  今の東京芝はマイナス材料で

馬券は5頭BOXで勝負!
posted by ぴ〜たん at 14:52| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

4着

002.JPG
DSC_0039.JPG

5/2 萩原厩舎
2日の船橋競馬ではスタートでやや後手を踏むも前目につける。向こう正面から押し上げようと鞍上の手が動き出すもジリジリとしか伸び切れず4着。「頑張ってる。もうちょっとやれるかなと思って臨んだのですが、やっぱりG1となると何か課題があるようではいけないということなのでしょう。勝ったエスポワールほどの器用さが現状では足りないし、スタートや気持ちの課題がありますからね。返し馬の感触から身のこなしの良さを感じたし、いくらか落ち着きもあるように思いました。まだガーッとなるようなときもあるからもう少し丸くなってくれればいいんですが、ここが2回目だということもあってか雰囲気は前回よりもさらに良く、競馬へ向かうまでは“いいな”と乗り役として思っています。これまでも言ってきましたが、いろいろな経験をして成長させていくことが必要なのでしょうね。経験しながらひと皮剥けてくれれば。そのためには壊さないことが大事でしょうね」(横山典騎手)「環境の変化に敏感な一面がある馬なので余裕を持って作った部分もあったのですが、思いのほか体が減らずプラス体重での出走となりました。競馬はまだ壁を感じさせる内容だったと言わざるを得ないものでした。ジョッキーが言うように経験を積ませながらひと皮剥かせて成長させてあげられればと思います。このあとはいちおう上半期の最大目標にしている帝王賞を目指したいと思っていますが、中央馬の枠内(6頭)に入るかどうかというのもありますので、状況を見ながら次走を決めていきます」(萩原師)勢いそのままにG1挑戦しましたが、壁は厚く、思うような結果をあげることはできませんでした。しかし、今回は大幅なプラス体重だったこと、一気の距離短縮であったことなど、結果論ではありますが堪えたであろう要素もありました。また、G1の舞台のキャリアもまだ浅いですし、これから重賞戦線で揉まれてさらに逞しい姿、走りを見せるようになってほしいと期待しています。今後はこれまでと同様の過程で調整することになるでしょうが、次走につきましては馬の状態、まわりの状況を見ながら決定していく予定です。

10R かしわ記念
ダ1600m / 天気:雨 / 馬場:重
2回船橋3日目 4歳上
本賞金:6000、2100、1200、600、300万円
01 5 07 エスポワールシチー JRA 牡 7 57.0 佐藤哲.(JRA) 安達昭 495. -5 1:36:5
02 5 06 フリオーソ         _船橋 牡 8 57.0 戸崎圭(大井) 川島正 507   3 1:37:0 2 1/2
03 4 04 テスタマッタ.        JRA 牡 6 57.0 岩田康.(JRA) 村山明 504   0 1:37:4  2
04 7 11 ランフォルセ .       JRA 牡 6 57.0 横山典.(JRA) 萩原清 507. 14 1:38:6  6
05 7 10 ピイラニハイウェイ   JRA 牡 7 57.0 川田将.(JRA) 吉田直 461   0 1:38:8  1
06 6 08 シルクフォーチュン.  JRA 牡 6 57.0 藤岡康.(JRA) 藤澤則 461. -9 1:39:2  2
07 6 09 クリーン        船橋 牡 8 57.0 本橋孝(船橋) 新井清 618 . -3 1:39:4  1
08 8 12 ボンネビルレコード 大井 牡 10 57.0 的場文(大井) 庄子連 476. -8 1:40:2  4
09 3 03 グランシュヴァリエ.  高知 牡 7 57.0 永森大(高知) 雑賀正 493. -4 1:40:4 1 1/2
10 4 05 トーセンアーチャー .浦和 牡 8 57.0 張田京(船橋) 小久智 501   1 1:41:0  3
11 2 02 ドモナラズ.         船橋 牡 7 57.0 森泰斗(船橋) 新井清 478. -2 1:41:3 1 1/2
12 1 01 トウホクビジン    笠松 牝 6 55.0 小杉亮(船橋) 南輝幸 428 -12 1:41:5 3/4
13 8 13 シャア          大井 牡 6 57.0 吉田稔(大井) 山藤統 483. 15 1:42:1  3

2度目のマイルG1挑戦も4着に敗れる
馬体重+14KG
陣営は敗因のひとつにあげているが前回凡走したマイルG1南部杯の馬体減の反省もあった
今回はダイオライトからの距離短縮もありプラス体重はマイル使用の仕上げだったはず
それなのに今日は行きっぷりが悪すぎた
マイルの流れも合わなかったのか
前走の消耗戦の反動か
しかし大幅馬体増にノリがこれまでの流れのままの騎乗をしてくれ次には繋がった。

posted by ぴ〜たん at 23:30| Comment(0) | ランフォルセ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1日に栗東トレセンへ帰厩しました

5/1 羽月厩舎
1日に栗東トレセンへ帰厩しました。「この中間も15−15に近いところをコンスタントに乗っていましたし、順調に良化していることを受けて今朝帰厩しました。精神的にもリラックスしていましたし、いい状態で送り出せました」(NFしがらき担当者)

4/24 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「ソエはだいぶ治まってきています。気になるところがなくなってきて馬も楽に走れるようになったのでしょう、坂路では自然と17−16ぐらいのペースになっています。疲れもなく順調に来ていますし、引き続き様子を見ながら進めていきます」(NFしがらき担当者)

4/17 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週末、ソエにショックウェーブ治療を行いました。これでだいぶ楽になってくると思います。馬体には疲れがなく、以前こちらにいた時よりもいい雰囲気ですよ。ソエの状態を見ながら騎乗調教を開始しますが、この時期にひとつ勝ってくれているので、無理はさせずにしっかりと良化を促していきます。馬体重は432キロです」(NFしがらき担当者)

4/10 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「ソエについては馬自身やや気にしているようですから、状態を見てショックウェーブ治療を行いたいと思っています。トレッドミルで軽く体を動かしていることがいい気分転換になっているのか、精神的には非常に安定して落ち着いていますよ」(NFしがらき担当者)


入厩きたー。
posted by ぴ〜たん at 00:29| Comment(3) | プリュム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この中間もトレッドミルでの運動を継続

d9ba861420125182629ec13601fb78.jpg

5/1 NF空港
この中間もトレッドミルでの運動を継続しています。現在はハロン24秒のキャンターを5分間こなしています。
またウォーキングマシンでの調整も併用して行っています。もうしばらく同様の調整メニューで走りの様子を見た上で、騎乗運動を再開する予定です。まだ同期の馬達に比べると走りのバランスが悪いことは否めませんのでしっかりと良化を促していきたいと思います。姉クィーンズバーンは阪神牝馬ステークスにおいて多数のGI馬を破るなどヴィクトリアマイルに向けて注目されている1頭です。本馬においても決して焦ることはせず、姉同様に能力を引き出していければと思います。


4/16 NF空港
馬体重:503kg 
この中間もトレッドミルでの運動を継続しています。現在はトレッドミルにおいてハロン24秒のキャンターを5分間こなしており、ウォーキングマシンでの調整も併用して行っています。スローキャンター調整にも慣れ、安定したフォームで走れるようになっています。カイバ喰いは変わらず旺盛で、体調面に不安は全くありません。


姉クィーンズバーンGUGET
重賞馬の妹になる。

クィーンズバーンのオーナーはノーザンリバー林正道
ソニンクの仔初の重賞勝ち馬を出した後にランフォルセが重賞GETとなった
次もうちの番
3億円弱稼いでいるのに未だ重賞未勝利の兄ダノンカモンが次でしょうが。
posted by ぴ〜たん at 00:14| Comment(0) | ルベーゼドランジェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週2回は屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本

08eef70920125182629ec1ef62c92a.jpg

5/1 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週1回はトレッドミルで軽めの調整、週3回は屋内周回コースでハロン17秒のキャンター2000m、週2回は屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本の調教を行っています。牝馬特有の気難しい面を見せることもありますが、速めの時計をマークする中においても動きにはまだ余裕が感じられます。体力はしっかりと付いてきていますので、今後は馬をうまくなだめながら力の出しどころ、いわゆるオンとオフの使い分けを教えていき、走りに安定感を出すことを主眼に置いて調教を行っていきます。

4/16 NF早来
馬体重:444kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週1回はトレッドミルで軽めの調整、週3回は屋内周回コースでハロン17秒のキャンター2000m、週2回は屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本の調教を行っています。一時期、馬体重が430キロ台まで落ちましたが、ここ最近は乗り込みを強化する中にあっても増加しているようにカイバを工夫した効果が見られます。実際に見た目にも冬毛が抜けて、馬体にハリが出てきているように内面の代謝も活発になりつつあるのは好印象です。現時点では気性的に短めの距離に向くタイプと見ていますが、まだまだ変わる余地は十分に感じられるので、まずは無事に調教を継続しつつ、徐々に競馬をイメージしていきたいと考えています。

4/13 NF早来
第一回産地馬体検査を受検し、JRA競走馬登録ならびに栗東の松永幹夫厩舎との預託契約が完了しました。


馬体完璧
ペースUP
順調もHP動画ではダメ出しをくらっている調教パートナーミラクルレイザーの10に今回は手応え劣る
コメントからも成長待ちか。

posted by ぴ〜たん at 00:08| Comment(1) | カーヴィシャス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。