2010年06月09日

10日に中央競馬登録を抹消

10/6/9
尾関厩舎
「これまでゲート練習を中心に調整してきましたが、ゲートから出すとその分だけ体に負担が掛かり、乗った日の午後には歩様が乱れるほど悪くなってしまいます。週中に調教を行うとガタっと来て、週末に筋肉注射などで治療すると週明けには少し回復します。また調教を行うと逆戻りして歩様が悪くなり、一進一退の状況を繰り返しています。骨や腱などに致命的なダメージこそないものの、さまざまな箇所に傷みがあり、左前脚の球節、右前の繋、左トモの半腱半膜様筋や両肩の筋肉、背中から腰にかけての筋肉の傷みが目立っている状態です。いろいろとケアしながらここまで対処してきましたが、デビュー云々の前にゲート試験を合格することすら厳しく、この先のメドが立てられないのが現状と言わざるを得ません。この血統を扱わせてもらえることになり、とても楽しみにしていただけに残念です。皆様のご期待に応えることができずに大変申し訳ございません」(尾関師)入厩後、何とかデビューできるよう日々ケアしながら調教を進めてきましたが、体の至るところに傷みが出て、現状では前に進めることができない状態です。今朝の調教でも何度も躓くシーンを見せており、先日は鞍上が落馬するアクシデントもありました。これ以上無理をすると人馬ともに危険を及ぼすことにもなりかねない状況であること、また、今後もかなりの時間を要することが予想され、出資会員の皆様のご負担になってしまうことから尾関知人調教師と協議を行った結果、10日に中央競馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何とぞご了承賜りますようお願いいたします。なお、本馬に出資されています会員の方へは追って書面をもちましてご案内いたします。

10/6/2
尾関厩舎
2日はゲート練習中心のメニューを行いました。「先週ゲートから出した後、歩様があまり良くなかったため獣医師に診せたのですが、脚元の状態はそれほど変わっていないものの、背中から腰にかけて疲れがドッと出ている状態です。筋肉のケアを行うための治療を行ったところ、週明けは少し状態が楽になったため、今週も改めてゲート練習を行っています。体が硬くなりがちなので、今週は馬場での調教やゲート練習を行う前に人が跨っていない状態の調馬索で動かし、体をほぐすようにしたところ先週よりは幾分いいようです。今日のゲートは1本目はまずまずの出を見せたものの、2本目がまだ遅く、合格レベルまでにはまだ達していないと発走委員に言われました。ゲートを出した分だけ負担はかかったでしょうから、数日は軽めにとどめて、様子を見ながら再度調教を行っていきます」(尾関師)


がっくし。
自身は遅い入厩だったけど
馬の状態からは早い入厩であった
諦めずにデビューに向け早めに手元で見てくれた調教師は何も悪くない
謝って貰いたいのは
この馬を募集したクラブ、ノーザンの方
補償もあるし
値付けで判断しろってことか
下の存在もあり胃の痛い日々が続く。

posted by ぴ〜たん at 20:27| Comment(0) | アウスピカーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

26日は坂路でキャンター調整とゲート練習

10/5/26
尾関厩舎
26日は坂路でキャンター調整とゲート練習を行いました。「先週の金曜日にゲートから出したのですが、出はややゆっくりなものの最初の段階としては悪くありませんでした。このまま進めていければと思っていたのですが、その後に歩様をよく見せませんでした。左前脚の球節に負担がかかっていたので、週末にショックウェーブ治療を行っています。また、右前脚の繋部分も少し熱感が出るようになっているので、しっかりケアしながら進めていかなければいけない状態です。昨日、今日と状態はいい意味で平行線なので、前脚の負担を軽減できるよう坂路を中心に乗っています。ゲートはフラットな馬場で行わなければいけないため、どうしても前に負担がかかりやすいです。やりすぎてそれ以上進められなくなると意味がないので、ゲート練習は日を選んで行うようにしています」(尾関師)

10/5/19
尾関厩舎
19日はゲート練習中心のメニューを行いました。「入厩した翌日からさっそくゲート練習を始めたのですが、ゲート内で少し落ち着かない素振りを見せていました。難しいところがあるかもしれないなと思いながら、今朝もゲート練習に行ったのですが、今日は若干後ろにモタれるものの、悪い面は見せませんでした。狭い場所ですし、新しい環境になって苦しさもあったのでしょう。まだ初期段階なので、ビュンと出るところまでは行っていませんが、少しずつ進めていきたいと思います」(尾関師)


がっくし
デビューは遥か先か
時間との戦いになってきた。
posted by ぴ〜たん at 21:03| Comment(0) | アウスピカーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

12日に美浦トレセン・尾関知人厩舎に入厩

10/5/12
尾関厩舎

12日に美浦トレセン・尾関知人厩舎に入厩しました。「輸送熱を出すこともありませんでしたし、無事に入厩しています。表情を見ていてもまだ子供っぽいところがあって、体つき、毛ヅヤもまだ良化の余地がある状態です。トモ脚を含めて少し負担がかかりやすいところがありますし、馬の状態に合わせてじっくりと進めていきたいと思います」(尾関師)

10/5/11
山元TC

坂路でハロン18秒のキャンター調整を行っています。12日に美浦トレセンへ入厩する予定です。「入厩に備えて先週こちらへ移動してきました。入厩日は少し延びましたが、このまま問題なければ明日トレセンに入厩する予定です。左トモを中心に負担がかかりやすいようなので、厩舎に入ってからも上手くケアしながら乗っていってもらえればと思います」(山元担当者)

10/5/7
山元TC

7日に山元トレセンへ移動しました。検疫の都合により、今のところ来週中に美浦トレセンへ入厩する予定です。

10/5/6
移動中

本日6日にNF空港を出発しました。山元トレセンを経由して早ければ8日に美浦トレセンへ入厩する予定です。「先日、場長と話をしたのですが、早ければ今週末か来週中にトレセンへ連れてくることにしました。まだ頼りない部分があるのは確かですが、速めのところをコンスタントに乗れていますし、順調なうちにトレセンに入厩させてこちらで進めていったほうがいいでしょう。血統的にも楽しみにしている馬だし、なんとかいい形でデビューできるようにしたいですね」(尾関師)

10/4/26
NF空港

屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本を行っています。「これまでと同じペースでの調教を継続して行っています。特に不安と言う不安があるわけではないですが、コンディションを慎重に見ながら進めていく方針に変わりはありません。焦りは禁物ですので、根気強く取り組んでいきます」(空港担当者)

10/4/19
NF空港

屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本を行っています。「順調に15−15を毎日2本消化していますが、変わらず動きと体調を見ながらといった状況です。まだ全体的にパンとし切っていないので、ハロン15秒を切る時計を出すにあたっては慎重に取り組んでいったほうが良いでしょう。ただ、速めをしっかり乗っていることで、体はいい具合に引き締まってきているので、軌道に乗ってしまえば、スムーズに進めていけるのではないかと思っています。馬体重は492キロです」(空港担当者)


ネガティヴコメント満載の中、遂に入厩!
負担をかけれるのか
劇的な成長待ち状態であろう。

posted by ぴ〜たん at 21:42| Comment(0) | アウスピカーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本

10/4/12
NF空港
屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本を行っています。「この中間も順調に乗ることができていますが、移動を考えられるようになるには、もうちょっとというところですね。時計自体もそうですが、動きにもまだ物足りなさが残ることは否めません。時期を考えるとあまりゆっくり進めていくわけにもいきませんが、無理に仕上げていくことは避けなければいけませんので、今後も馬本位で取り組んでいきます」(空港担当者)

10/4/5
NF空港
屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本を行っています。「順調に基本メニューを消化しています。大きな疲れを見せることはありませんし、しっかり毎日2本乗れているように、この馬なりにたくましさを身につけてきていますね。とは言っても、まだ力強さが足りない面は残っていますので、これからもじっくり乗り込んでいきます」(空港担当者)

10/3/29
NF空港
屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本を行っています。「まだ15−15を取り入れたばかりなので、しばらくはこのペースでしっかり調教量を積んでいきます。乗り進めるにあたっても極端に体が減ることはなく、ボディコンディションはいい状態でキープできていますね。馬体重は504キロです」(空港担当者)


15−15突入から1ヵ月も
崖っぷちコメント連発
苦しくなってきた。
posted by ぴ〜たん at 23:16| Comment(0) | アウスピカーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本

10/3/23
NF空港

屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本を行っています。「体調は安定しており、これなら次のステップへ進んでも大丈夫だろうと言うことで、15−15を乗り始めました。着実にペースアップできていますし、以前に同様のペースで乗っていたときと比べても全体的にだいぶしっかりしてきましたね」(空港担当者)

10/3/15
NF空港

屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本を行っています。「継続して乗り込みを進められていますが、15−15を取り入れるにはまだもうひとつ心許ないかなと言うところですね。体も絞れてきて、体調が上向いてきていることは間違いありませんから、もうしばらくは下地をしっかり整える期間に使いたいと思います。馬体重は508キロです」(空港担当者)

10/3/8
NF空港

屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本を行っています。「見栄えだけでなく、息づかいも徐々に良化してきており、少しずつ調教負荷を高めて鍛えています。はっきり良化傾向にはありますが、15−15を始めるまでは、より気を引き締めて取り組んでいかなければいけませんね」(空港担当者)

10/3/1
NF空港

屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター2本を行っています。「運動量を増やしてしっかりと負荷をかけていることで、体が一段と引き締まってきました。よい調整過程で来られていますし、まずは15−15を取り入れるところまで無事に進めていきたいですね。馬体重は520キロです」(空港担当者)


15−15の2本追い
過去最高ペースに
デビューが見えて来た!
posted by ぴ〜たん at 20:07| Comment(0) | アウスピカーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。